So-net無料ブログ作成

横浜マラソンの思い出④/D突堤~ゴール、その後。 [横浜マラソン2015]

今更 スミマセン[あせあせ(飛び散る汗)]
ずっとそのままにしていた思い出を整理して
新しいシーズンを迎えるために。
_____

横浜マラソンの思い出 最終回
高速道路を下りた~D突堤~ゴールとその後です。

1431564351974.jpg
これがD突堤の先にある横浜シンボルタワー。マラソン中は見れませんでした。


D突堤へと向かう道は、帰ってくるランナーとすれ違う。戻ってくるラン×スマの田村亮さんに会えた。一緒に走ってたのになぁ、随分遅れちゃった。

なんとなく、折り返し地点まですぐに着くような気がしていたのに、行けども行けども道が終わらない。そして、ここもギリギリ制限時間で完走を目指す私には、関門閉鎖の危機を迎える怖い地点であった。

「閉鎖まであと○分」との声が気になるようになる。たくさんの応援団に励まされ、少しずつでも前に足を出す。

ようやく自分は第9関門を通過できて折り返し、賑やかな応援団に励まされて道を進んだ。

反対側の道には、関門閉鎖を目前にして今にも泣き出しそうなランナーがまだまだいて、その後方から最後尾の車両と回収車が迫っていた。「頑張れ」と、声は出せなかったが心の中で叫んだ。自分もそうなるに近い状況を目の当たりにして胸が詰まって声が出ないのと、頑張れという言葉が合っているのかもわからないから発せられない。タイタニックのローズがジャックと旦那を置いて救助船に乗って下りていく―幸運を祈る、だろうか。

その後は、ゴールのみなとみらいを目指すだけだが、その間、応援の声、寒いのに裸くらいの凍りそうな衣装で頑張ってくれるダンサー、かわいいチアガール、沿道の人々の掲げるメッセージ、私設エイド、同じRun for kidsのTシャツのランナー、どの光景も胸にグサグサ刺さっていた。

山下公園前はよりいっそう応援が大きくなり、応じる力は残っていなかったが嬉しく、マリンタワー前のRun for kidsの大応援団には最後の力を振り絞ってハイタッチに行った。あと少しで私の横浜マラソンは終わる。横を走っていた男性ランナーが泣いていた。

コスモクロックを見ると、
頑張ればもしかして5時間台で入れるかも!
いくらか早足にする。

1431563963216.jpg
(ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルと桜。 後日撮影)

臨港パークに向かう道に入ると、ここでもまだ待っていてくれるRun for kidsの皆さんの大声援を受けて、ゴールまで運んでもらえた。メダルをもらえる方に進んでいくところでは、Run for kidsの代表の先生が最後の一人まで待っていてくれる体制で迎えてくれて、本当に感謝の気持ちでいっぱいになった。グロスタイムで5時間台ぎりぎり、ネットタイムでは5時間39分~秒という記録だった。
ゴールしたら感動で泣くかなと思っていたが、体はボロボロで頭はボーッとして、会う人会う人にお礼を言いたくて言うだけだった。

欲しかった欲しかったメダルを受け取り、
欲しかった欲しかったタオルを受け取った。
くれる人がタキシードを着たイケメンに見えたが幻だったのかよくわからない。

1431563472914.jpg

ゴールした旨を電話すると、臨港パークの奥の方に家族が来てくれているそうで、荷物を受け取ったあとに向かわないといけない状況になる。
歩けないのに・・・嘘だろ
と思いながら、応援してくれた家族と再会を果たし、お互いの頑張りを讃え合い、写真を撮ったり話したりしながらパシフィコの建物前まで一緒に来て笑顔で別れた。

着替え場所へ。ファンケルの美白美容液をもらえた。もう着替えている人もまばらで、隅っこでバナナとヨーグルトドリンクをむさぼり、ストレッチしながら、スポーツブラとタイツがきつくて脱げず、うめきながら着替えていると、
「あと10分で会場閉鎖」
ここにも関門があったか。
ボランティアの方々のお仕事早く終わらせてあげないとね。

みなとみらい駅に向かう。
クイーンズスクエア横浜の建物内の少しの下り階段で
多くの走り終わったランナーが
「階段を下りられない!」と
後ろ向きに這っていたり、すごい状況になっていたが、自分も例にもれなかった。

この後 中華街で打ち上げ。
ちょっと時間があるので元町・中華街駅で降りたあと、スタバへ入った。
3日ほど絶っていたコーヒーを飲みたくて仕方なかったので。

熱い あっつぅ・・・
反射的に紙コップを握りつぶす癖が 。ランナーズあるある笑
1431563492475.jpg
これのもっとぐちゃ!って感じだった。


打ち上げ会場では
午前中に走り終わっているような人たちと混ざり、
みんな今まで何して時間つぶしてたんだろうと思いながら、
ビール飲んでる横でお茶を飲み、
マラソンの後ってみんな何食べるんだろうと気にしながら
炒め物とか好きな物食べてる横で胃に優しそうな部分を恐る恐る食べる。
ひょいひょい歩いて飲み物を自分で取ってくるし、
同じ「マラソン走った後」でもこんなに違うのが、
初心者とベテランの差なんだなぁ。
けど、私も気持ちは元気。這ってでも来て良かった。
会いたかった方々とマラソンの話だけで盛り上がる、普段とは異なる状況。
年齢も 職業も 家族も 立場も 何も関係ない、
ただ走ることだけが一致する仲間。
走ってて良かった。

当日朝の桜木町
1431563486869.jpg
パシフィコへ向かう道
1431563499153.jpg

とてつもなくたくさんの皆さんに支えられ、
今日を終えることができる。
本当にありがとう。

翌日は
走らない近所の友達も
インターネットやテレビで状況を調べながら応援してくれて、本人よりもレース状況を把握してくれてたり、
走らないのに 今の感動を話してと、ランチに呼び出してくれて、マラソンの話をさせてくれた。
ありがとう。



1431563964447.jpg
娘からもらった。

1431563480234.jpg

RUN IN YOKOHAMA,CHANGE YOUR WORLD
(大会キャッチコピー)



共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。